カメラマン ドローン ブログ 写真 花火写真

鎌倉花火大会で撮影!第69回はクラウドファンディングがあってこそ開催されるというドラマがあったそうです!

投稿日:2017年7月20日 更新日:

第69回鎌倉花火大会に行って来ました!

現在、お仕事をさせていただいているWowfulさんの特設会場が設けられると言うことで、体験させていただくとともに、花火撮影に挑戦してみました!

↑↑↑↑↑
由比ヶ浜のほぼど真ん中!ということで期待大で行きました!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

第69回鎌倉花火大会

では、早速私が撮影した写真をご覧ください!

インスタはこちら

 


花火の撮影は初めてだったのですが、全てをマニュアルモードに切り替えて、シャッタースピードを8秒ぐらいに設定したものが一番綺麗に写りました。

4秒では早いし、20秒では遅すぎるために、綺麗な華が開いが写真にはなりませんでした。

また、どこかの花火大会に出かけて撮影したいと思います!

第69回開催、中止からクラウドファンディングで復活というドラマ!

今回の鎌倉花火大会ですが、私は単純にいい場所で見られると思っていくことを決意したのですが、前日に色々ネットで調べて見たら、今回の花火大会は開催までにドラマがあったようです。

その辺のことがよくパンフレットに書かれていたので、記録をとどめておくという意味でもここに掲載させていただこうと思います。

第69回花火大会の開催にあたってはこれまで出ていた鎌倉市で予算がつかないということから一時は中止が言い渡されました。

それに対して、伝統を守りたいという地元の声を中心にクラウドファンディング iikuniさんを活用され、必要な1000万円を超える金額を広く一般から集めて開催にこぎつけたとのことです。

私は鎌倉花火大会は今回が初参加なので前回との比較はできませんが、今回はその市民サポートによって開催されているということが、かなりアピールされていました。

このように、どの花火は誰の協賛によるものかもしっかり書いてあるのはびっくり。

そして、大口協賛社さんの名前もびっしり書かれていました。

 

花火大会とドローン (DJI Inspire)

ところで、この報告をまとめるためにパンフレットを読み返したところ、後方ページにドローンによるパブリックビューイングが開催されていたということが書かれていました。

ドローン撮影については実は今、弊社での実戦投入ができないか調査を進めています。

近々報告しようと思っているVR映像制作と合わせてドローンによる空撮の表現力が、かつてない映像の世界を創り出すと確信しているからです。

手のひらサイズの1万円以下からハリウッド映画で実際に使われている100万円近くする業務用までドローンの世界も多様になっていますが、とりあえず注目しているのはパブリックビューイングでも使われているDJIさんの Inspireシリーズです。

DJI Inspire 2

>>DJI さんのホームページでInspireの詳細情報をみる >>

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-カメラマン, ドローン, ブログ, 写真, 花火写真
-

Copyright© 株式会社エビとも , 2017 All Rights Reserved.